独立フリーランスも、プログラマの成功型転職パターン

成功型プログラマ転職広場

フリーランスとして独立

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスと会社員では、何がどう変わるのでしょうか。どれだけ忙しくても、どれだけ暇でも、毎月決まった額の給料をもらう会社員と、働けば働いた分の売り上げが全て自分のものになるフリーランス。一方、交通費もPCも電気代も全て会社で負担するため経費に対する意識が低くてもいられる会社員と、電気代からコピー用紙、名刺など全て自費でまかなうフリーランス。プログラマがフリーランスで働くとはどういうことなのか、フリーランスのメリット・デメリットという視点で紹介します。
フリーランスのメリット・デメリットの詳細を見る

フリーランスで年収が前職の倍に!

一般的に、プログラマが独立してフリーランスになると会社員時代の年収が2倍程度にまでアップするといわれます。年収の額だけを見ても、完全に成功型転職事例です。ここでは、実際に会社員プログラマからフリーランスとして独立して年収がほぼ倍増した人の事例を紹介します。フリーランスになりたいプログラマ、独立を考えているプログラマ、転職先を探しているプログラマにも参考になると思います。
フリーランスで年収が前職の倍に!の詳細を見る

スマホアプリ制作で年収を更にアップ

スマートフォン市場の拡大は、当然プログラマの仕事環境にも大きく影響しています。スマートフォンの急速な普及によるスマホアプリ市場は拡大の一途。GooglePlayやAppstoreなど、制作したアプリを公開する場も開けています。プログラマならこの市場を利用しない手はありません。案件をこなすかたわら、アプリに稼いでもらいましょう。ここでは、スマートフォンアプリ開発で稼ぐ方法を紹介します。
スマホアプリ制作で年収を更にアップの詳細を見る

アウトソーシングを有効活用

フリーランスの最大の課題は、「仕事をとってくること」。会社員なら、在籍していれば毎月安定した収入を確保できますが、フリーランスはそうはいきません。どんなに優れた技術を持っていても、どんなに技術力が高くても、仕事をとってこれなければ年収はゼロになります。フリーランスで成功しているプログラマはどうやって仕事を安定させているのでしょうか。フリーランスプログラマのアウトソーシング活用について具体的な解決策を紹介します。
アウトソーシングを有効活用の詳細を見る

おすすめ記事ピックアップ

なぜ同業他社への転職?

なぜ同業他社への転職? できるプログラマは、なぜわざわざ同業他社へ転職していくのでしょうか?プログラマという職種ならではの、同業他社への転職事情と成功事例を紹介します。一定レベルのプログラミングスキルを持ちながら、今の会社で悶々としているぐらいなら、キャリアアップの手段として同業他社への転職を検討してみる価値はあるかもしれないですよ!

転職で年収アップ!

転職で年収アップ! 「転職で年収アップなんて、そううまくいくのかね」と思ったあなたも、プログラマですよね?もし違う業界の方なら、確かに転職で年収アップを狙うのは厳しい道のりかもしれません。しかし、プログラマは違います。プログラマは専門知識を持つ技術職で、誰にでもできるものではなく、企業からの需要も豊富です。プログラマなら転職で年収アップは十分可能です。

アウトソーシングを有効活用

アウトソーシングを有効活用 会社員から独立してフリーランスになったら年収が倍増した!というプログラマは少なくありません。プログラマにとって、仕事がとれれば年収倍増するだけの市場は整っています。ただし、市場が良くても安定して仕事を取ってくる術を知らなければ、当然ながら収入はダウンします。成功型のフリーランスプログラマはどうやって仕事をとっているのか見てみましょう。

ページトップ